業務提携の報告
2020年11月2日 作者
業務提携の報告
High-lines Co.,Ltd.

       

ハイラインズとグランドビジョン、越境EC等で業務提携 中国市場での販路拡大を支援


企業コンサルティングの株式会社グランドビジョン(本社:福岡市、代表取締役社長:中尾賢一郎)は越境ECのコンサルで実績のある
株式会社ハイラインズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:陳海波)と業務提携契約を11月1日に締結したことをお知らせいたします。
今後、少子高齢化により国内マーケットが縮小することやコロナ禍でインバウンド需要が見込みにくい中、日本企業の中国市場における販路拡大を
共同で支援することが目的。グランドビジョンは日本国内でブランディング・マーケティングを軸とした企業支援を展開。
潜在的に中国市場でも競争力のあるブランドや商品を保持する多くのクライアントを抱える。今回のハイラインズとの提携により、
国内企業の中国進出支援を加速させる。

国内の需要が飽和・縮小する中、巨大な中国市場に大きな関心を持つ企業は多いが、様々なリスクから決断できない経営者が少なくない。
中尾賢一郎社長は「日本製のブランド力は健在で、中国で人気になりそうな商品を持つ会社はまだまだたくさんある。
この提携によってそういうクライアント様のお手伝いを力強くできる」と話す。
ハイラインズの陳海波代表は「中国ではEC市場はもちろんのこと、B2B市場やO2O市場も急速に拡大して消費者に浸透しているが、参入者も多く
競争は厳しい。中国国内で購入を促進するにはブランディングや効果的かつ効率的なプロモーション活動が重要になるが、それを実現するには
深い洞察力とノウハウが必要である」と指摘する。

本業務提携により、中国市場におけるブランディング、プロモーション(デジタル&リアル)、物流、決済など一気通貫した商流で、
安心して中国市場での足場を作り及び販売サポートを強力にできる環境が整う。


グランドビジョン:クライアントに寄り添いながらマーケティング及びプロモーションアプローチを提案することで、企業価値の再構築及び
D2Cブランドコンサルを得意としている。コロナ禍もあって在宅時間が増える中、消費財の企業の間でダイレクト販売の有効性が見直され、
通販コンサルティングでも多くの実績を上げている。

ハイラインズ:大企業から中堅企業まで数多くの国内企業に向け、中国への越境ECのソリューションを提供して実績を上げてきた。

親会社のユー・シー・エルがシステム構築を本業とし、最近は国内企業のECシステム受託とECコンサルを一括して請け負う事例が増えている。
デジタル化時代は中小企業こそ海外市場を開拓する好機、とみて支援を強めている。.